私が現在勤務している病院では、職員全体で200名以上おり職員の入社は年に20名ほどあります。

時給は最低金額を決めましょう
時給は最低金額を決めましょう

病院の求人と時給について

私が現在勤務している病院では、職員全体で200名以上おり職員の入社は年に20名ほどあります。そのぶん退職していく人もいるのですが、求人は毎月常に出している状態で、雇用形態はおもに正社員の他にもパートタイマーの募集もしています。正社員の場合は月給の支給例を載せるのですが、パートの場合には自給を載せるようにしています。国家資格を取得している人や、無資格の助手的な勤務体制の人でもパートの場合は自給で計算しているようです。

傾向をみるとパートで勤務する人の多くは育児や家事などを両立しながら勤務する人が多く、半日の勤務の人や、時間単位で契約している人が多いように感じます。医療系の仕事のため自給は他のパートタイマーの仕事に比べて高く1200円ほどとなっています。そのため以外にもフルタイムの勤務よりも人気があり、応募者が日に日に多くなっているように感じます。病院としても職員の不足が今問題になっているために、低賃金で雇うことができどちらにもメリットが大きいように感じます。今後訪問看護や訪問リハビリ在宅介護などが増えてくると思いますが、上記のような時給制の雇用形態の需要も増えてくるのではないかと予測しています。

Copyright 2017 時給は最低金額を決めましょう All Rights Reserved.